只今 休業中です。 

日本酒の製法品質表示基準

特定名称
使用原料
精米歩合
製法品質の要件
純米大吟醸酒
米・米こうじ 50%以下 純米吟醸づくりで、固有の香味及び色沢が特に良好なもの
大吟醸酒

米・米こうじ
醸造アルコール

50%以下 吟醸づくりで、固有の香味及び色沢が特に良好なもの
純米吟醸酒
米・米こうじ 60%以下 純米吟醸づくりで、固有の香味及び色沢が特に良好なもの
吟醸酒
米・米こうじ
醸造アルコール
60%以下 吟醸づくりで、固有の香味及び色沢が特に良好なもの
特別純米酒
米・米こうじ 60%以下 特別な製造方法を表示した純米酒で、固有の香味及び色沢が特に良好なもの
純米酒
米・米こうじ 70%以下 アルコール添加しない日本酒で、固有の香味及び色沢が特に良好なもの。生一本ともいう
特別本譲造酒
米・米こうじ
醸造アルコール
60%以下 特別な製造方法を表示した本醸造酒で、固有の香味及び色沢が特に良好なもの
本譲造酒
米・米こうじ
醸造アルコール
70%以下 アルコールの添加量を白米重量の10%以下にした日本酒で、固有の香味及び色沢が特に良好なもの。本仕込み又は本造りともいう

普通酒 米・米こうじ
醸造アルコール
糖類、酸味料等
70%以下 アルコールの添加量が多い(本醸造以上)日本酒で、上記特定名称酒に該当しないもの。
(注)
上記の製法品質基準は、「酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律」の第86条に規定されているが、表示の義務はなく法律上の表現は「当該清酒の容器または包装に表示できる」となっている。

戻る